娘の借金返済の体験談

部屋の中に、洋服や貴金属が散乱していたからです。洋服のいくつかを手に取ると、有名なブランドのロゴが目に入りました。どれも高価なものばかりだと思われます。私は娘を問い詰めました。どうやら娘は、ブランドものの洋服や貴金属をカードローンで購入し、支払いができなくなってしまったようです。消費者金融などにも借金を重ねたらしく、ついには首が回らなくなって、私に助けを求めてきたのでしょう。私は消費者金融やクレジットカード会社からの明細書をすべて出すように娘に命じ、借金の総額を確認しました。私はその金額の大きさに目がくらみそうになりました。しかし、このまま放っておいたのでは、借金は膨らむ一方で、事態はどんどん悪化していきます。私は娘の結婚資金として残してあった金と、老後のためにコツコツ貯金を続けてきた金を使って、娘の借金を返すことにしました。結婚資金は、いずれ娘に渡すつもりの金ですから、予定が少し早まっただけだと思えば気にはなりません。老後の生活資金も、またゼロからコツコツと貯めていけば何とかなるでしょう。娘は泣きながら私に謝っていました。少々高い授業料になりましたが、娘には今回の出来事を胸に刻み、地に足をつけて人生を歩んでいって欲しいと思います。


海外口座の魅力は・・日本の口座ではできないレバレッジ。